壮絶な生い立ちだった!内田有紀。

2020年3月現在、奇跡のアラフォーとして女優として再ブレイクと言われるくらい活躍されてますね。

1975年11月16日生まれで、現在44歳なんですね。

とても40代に見えないですね。

 

そんな内田有紀さんですが、

 

実は壮絶な生い立ちだったんですね。

 

実家は、渋谷区の高級住宅街の広尾にあったそうで、

内田有紀さんの母親は、20歳の時に出産されたそうです。

 

しかし、両親の間では、ケンカが絶えなかったらしいです。

そんな両親の元で育っていましたが、

内田有紀さんが小学生2年生の時に離婚されたそうです。

さらに、財産分与や親権争いなどでかなり揉めたみたいですね。

 

そして、両親の離婚後は父親に引き取られたそうです。

しかし父親は、ほどなく再婚されて内田有紀さんは、

父親の家を出て、母親と暮らす事になりました。

 

しかし母親も、ほどなく再婚されて、内田有紀さんは

母親の家を出て行ったそうです。

実の母親と一緒に住まないとは、よっぽどの事があったのでしょうか?

そして、母親の家を出たあとは、祖父母に預けられたそうです。

内田有紀さんの中学生時代は、祖父母と暮らしていたそうです。

そして、高校に入ると共に祖父母の家を出て一人暮らしを始めたそうです。

芸能活動、主にモデルとアルバイトで生計を立てていたと言われています。

 

そして、内田有紀さんが高校2年生の時にドラマ

「その時、ハートは盗まれた」に出演されました。

さらに、ユニチカのキャンペーンモデルにも選ばれました。

その頃に、芸能活動に専念する為に高校2年の時に中退されました。

 

その翌年には、

「TENCAを取ろう!内田の野望」で歌手デビューされました。

 

その曲で、オリコン史上初の女性ソロ歌手のデビュー曲、初登場1位を記録されました。

また、その年には、フジテレビビジュアルクイーンに選ばれるなど、一気にトップアイドルとしても、女優としてブレイクされました。

歌手としては、1990年代に10枚のシングルをリリースされていますね。

 

その後、2000年に演技の勉強を基礎からやり直すとして、歌手業を休止され、

「北区つかこうへい劇団」に入団されました。

そして2002年にドラマ「北の国から〜2002遺言〜」で共演された

 

吉岡秀隆さんと結婚されましたね。

 

ドラマでは、お2人は、恋人同士の役でしたが、プライベートでも恋人同士となり話題となりましたね。

その時、内田有紀さんは、26歳でした。

そして、結婚を機に主婦業に専念するということで、

 

2002年に芸能界を一度は、引退されました。

 

しかし、結婚生活は、わずか3年で終止符が打たれてました。

離婚は、いきなり内田有紀さんの方から突きつけた形らしいですね。

離婚に関しては、お2人からのコメントは、ありませんでした。

 

その後、内田有紀さんは、「自分の居場所を見つけたい」

として、

 

2006年に芸能界に復帰されました。

 

それからは、実力派女優として、NHK朝ドラ「まんぷく」

大河ドラマ「軍師官兵衛」「西郷どん」に出演されましたね。

そして「ドクターX」シリーズにも出演されましたね。

 

ドラマ「ナオミとカナコ」では、広末涼子さんとダブル主演で共演されましたね。

夫からのDVを受けて悩んでいる専業主婦役を演じられました。

私、個人的に好きなドラマでした。

 

そして、ランキングーの2019年版

「好きな40代女優ランキング」では、石田ゆり子さんに次いで2位にランクインされました。

ネットでは、視聴者から「内田有紀きれいすぎませんか」

「内田有紀いるだけで神」などの声が次々に上がっていますね。

 

壮絶な生い立ちや、両親の離婚、自身の結婚に離婚などの人生経験をされている、内田有紀さん。

ドラマなど出演を重ねるにつれて、女優としての魅力が増しているように思います。

これから活躍してほしいですね。

 

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です