阪神タイガースで活躍した、助っ人の歴史。

日本球界には、たくさんの外国人選手がいますが、その中でも阪神タイガースで活躍された選手を書いていきたと思います。

 

まずは、先日引退を表明した、

 

ランディ、メッセンジャー投手です。

 

メッセンジャー投手は、2010年に阪神タイガースに入団されました。2019年まで10年間活躍されましたね!

 

タイトルは、2014年には最多勝を獲得

また2013年と2014年には、最多奪三振を獲得されましたね。

 

またメッセンジャー投手は、非常にタフな選手で

2012年から2014年は30試合以上に登板されました。

阪神タイガースでの通算成績は、

262試合登板 98勝84敗 でした。

歴代の助っ人中でも凄く活躍されましたね!

 

マット、マートン選手です。

 

マートン選手は、2010年に阪神タイガースに入団され、

2015年まで6年間、活躍されましたね。

 

タイトルとしは、2014年に首位打者を獲得。

2010年、2011年、2013年には、最多安打を獲得されています。
素晴らしい活躍ですね。

また2010年の214安打は、セリーグのシーズン最多安打記録となっています。

 

またマートン選手は、非常に真面目な性格で大の努力家だったそうです。

対戦した投手や審判ごとにストライクゾーンの特徴をノートに書いていたそうですね。

その様な努力があって、日本球界に対応できたのでしょう。

またその様な真面目な性格だったせいで、審判とストライクの判定の不服を示し、何度も退場処分を受けていますね。

 

阪神タイガースでの通算成績は、

832試合出場で、 1020安打。通算打率は、(、310)と好成績を残されています。

歴代の中でも素晴らしい活躍ですね。

 

トーマス、オマリー選手です。

 

オマリー選手は、1991年に阪神タイガースに入団され、

1994年までの4年間、活躍されました。

その後、2年間、ヤクルトスワローズでも活躍されましたね。

 

タイトルとしては、1993年に首位打者を獲得されていますね。

日本球界での通算成績は、ヤクルトスワローズでの2年を加えて6年間の成績は、

742試合出場、820安打。通算本塁打123本、通算打率は、(、315)

と素晴らしい成績を残されていますね。

ちなみに日本球界での6年間打率で3割を切っていないそうです。凄いですね!

また、引退後も2002年から2003年には阪神タイガースの特命コーチをされましたね。

 

ジェフ、ウィリアムス投手です。

 

ウィリアムス投手は、2003年に阪神タイガースに入団され、2009年まで7年間活躍されましたね。

鋭いスライダーを武器に活躍されましたね。

 

2003年は、クローザーとして起用され、52試合に登板、

防御率1、54で25セーブをあげ、阪神タイガースのリーグ優勝に貢献されましたね。

 

また2005年には、藤川球児選手、久保田智之選手と共にJFKと呼ばれ、

セットアッパーとして75試合に登板され、

また阪神タイガースのリーグ優勝に貢献されましたね。

 

通算成績は、371試合登板、16勝17敗47セーブ、141ホールドで、7年間の防御率は、2、20

と素晴らしい成績を残されていますね。

 

ランディ、バース選手です。

 

バース選手は1983年に阪神タイガースに入団され1988年まで6年間活躍されましたね!

タイトルとしては、1985年、1986年に首位打者と本塁打王と打点王を獲得され、2年連続の三冠王となりましたね!

また1986年の年間打率、(、389)をを収められ日本記録保持者となっていますね。

1985年の阪神タイガースのリーグ優勝と日本1に大きく貢献されましたね。

当時、3番バース選手、4番掛布雅之選手、5番岡田彰布選手と最強のクリーンナップを形成されましたね。

またその3選手でのバックスクリーン、本塁打3連発は、伝説となりましたね。

 

通算成績は、614試合出場、743安打、202本塁打、通算打率(、337)

と素晴らしい成績を残されていますね。

まさに史上最強の助っ人ですね。

 

最近、残念な外国人選手も多かったですよね。

また、これぐらいの活躍ができる外国人選手を獲得して欲しいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です