令和を代表するアーティストは?米津玄師 ヒゲダン あいみょんの活躍に期待!

令和の時代が、幕を開けてまもなく一年となりますが、

昭和を代表する歌手や、平成を代表する歌手など、時代を代表する、歌手、アーティストが存在しますね。

今回は、今後の活躍が期待されるアーティストで、令和を代表するアーティストになりそうな人を書かせて頂きます。

 

米津玄師さん。

 

米津玄師さんは、シンガーソングライター、音楽プロデューサーとして、活躍されていますね。

また、ハチの名前でも活動されています。

2013年にメジャーデビューされ、2017年には、DAOKOさんの楽曲 「打上花火」

をプロデュースされ2017年から2018年にかけてロングヒットしましたね。

 

そして、2018年に「Lemon」をリリースされましたね。

この曲は、配信にて累計200万セールスを記録

ビルボードの年間チャート1位を獲得され、

さらにYouTubeでMVが3億回再生を記録し、大ヒットしましたね。

そして、その年のNHK紅白歌合戦にも出場されましたね。

 

2019年には、「馬と鹿」をリリースされ日曜劇場

「ノーサイド、ゲーム」の主題歌としてヒットしましたね。

この曲でも、MVが1億回再生を記録されました。

また、プロデュースとして、foorinの楽曲「パプリカ」

菅田将暉さんの楽曲「まちがいさがし」など提供されてますね。

また、桑田佳祐さんも数年前からラジオで米津玄師さんの曲をかけ、その才能を絶賛されているそうです。

また、吉田拓郎さんも

「どんな新しい人がドンドン、ヒット曲を出そうと、どんなライバルが人気が出ようが、うらやましいとか、

やきもちを焼くとか、ジェラシーの感情は、一切なかったですが、

米津玄師ちょっとやきもちを焼いている。ジェラシーを感じている」と心境を明かされています。

 

また、菅田将暉さんは、「米津玄師と言う天才と1つ、ものづくりができた。」

と言われています。

あと、ファン層も10代から50代の支持されているのも強みですね。

 

Official髭dism

 

Offcial髭dism 愛称「ヒゲダン」は、2018年に「ノーダウト」

でメジャーデビューされ瞬く間に大ブレイクされましたね。

作詞、作曲は、ボーカルの藤原聡さんが担当されていますね。

2019年は、「pretender」「宿命」 をリリースされ立て続けにヒット曲を連発されましたね。

2020年リリースの「l LOVE…」は、ビルボード、ストリーミングチャートで、なんと12連覇を達成されています。

そのビルボード、ストリーミングチャート2020年5月11日付では、

1位が「l LOVE…」2位が「Pretender」」 7位が「宿命」

8位が「イエスタデイ」 9位が「パラボラ」となんと5曲が、チャートインと凄い事になっていますね。

今後の活躍から目が離せませんね。

 

あいみょんさん。

 

シンガーソングライターのあいみょんさんは、2016年に

「生きていたんだよな」でメジャーデビューされました。

インディーズの頃から、近い将来ブレイクが期待されるニューカマーとして期待されていました。

 

そして、2017年サードシングルの「君はロックを聴かない」が、ヒットしブレイクされましたね。

そして、2018年リリースの「マリーゴールド」ストリーミングチャートでなんと20連続1位を記録されました。

そして、その年のNHK紅白歌合戦にも出場されましたね。

番組のチーフプロデューサーの渋谷義人さんは、

「配信で人気。10代、20代の方のデジタルネイティブと言われている世代に人気で、今年の活躍が顕著」

と言われいましたね。

 

また2019年に「ハルノヒ」をリリースされヒットしましたね。

音楽ジャーナリストの柴那典さんは、

「あいみょんは、平成最後に浜田省吾を受け継いだJ.GIRLであり、ようやく登場したミスチルとスピッツの正統後継者」

と言われていました。

また、カラオケでも「マリーゴールド」「君はロックを聴かない」がよく歌われているのも強みですね。

 

今後の活躍も期待しています。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です