プロ野球 意外にも200勝に届かなかった大投手!

プロ野球界(NPB)では、通算200勝(日米通算)が名球会入りの条件ですね。

日本通算200勝は、2008年の山本昌選手を最後に出ていませんね。

また、日米通算200勝は、2016年の黒田博樹選手を最後に出ていませんね。

大投手にも関わらず意外にも200勝に届かなかった名選手を書かせて頂きます。

 

西口文也選手

 

西口文也選手といえば、完全試合とノーヒットノーラン達成まで、あと一歩のところで打たれて完封、完投止まりになった事が3度もあることで有名ですね。

 

2002年の千葉ロッテ戦では、9回2アウトまで、ノーヒットノーランでしたが、残念ながらそこから2安打打たれてしまいましたね。

 

また、2005年の読売ジャイアンツ戦でも、9回2アウトまで

ノーヒットノーランでしたが、そこから清水隆行選手にホームランを浴びてしまい、完封さえ逃してしまいましたね。

また同じ年の2005年の楽天イーグルス戦では、9回終了まで、なんと完全に抑えていましたが、

味方の援護がなく延長戦に突入してしまい10回表にヒットを打たれて、快挙を逃してしまいましたね。

主なタイトルは、最多勝利2回、最多奪三振2回、最高勝率1回と素晴らしい投手でしたね。

 

そして西口文也選手は、引退の時に

「やり残した事は、ノーヒットノーラン」

と言われましたね。ある意味伝説ですね。

そんな西口文也選手は、通算182勝であと200勝まであと18勝でした。

 

斎藤雅樹選手

 

斎藤雅樹選手といえば「平成の大エース」「ミスター完投」

と言われた大投手ですね。

記録としては、2年連続20勝や11連続完投勝利などがありますね。

 

記憶に残る試合と言えば、1994年の「10、8決戦」

で中1日で、リリーフ登板し勝利投手になられましたね。

 

また主なタイトルは、最多勝利5回、最優秀防御率3回、

最多奪三振1回、最高勝率3回、と素晴らしい投手でしたね。

 

しかし、1999年に右腕と足の内転筋の故障で5勝止まり

2000年も故障がちで、3勝止まりに終わってしまいましたね。

そして、2001年の2勝を最後に引退されました。

斎藤雅樹選手は、通算180勝で、200勝まであと20勝でした。

 

桑田真澄選手

 

桑田真澄選手といえば、プロ野球選手としては、決して恵まれない体格ながら、

理想的な投球フォームと野球に取り組む真摯的な態度で、彼を模範とする選手は、今なお多いですね。

 

桑田真澄選手も「10、8決戦」で7回からリリーフ登板し3イニングを無失点に抑えられてセーブをあげられましたね。

あの時のガッツポーズが印象的でしたね。

 

しかし、19995年の阪神タイガース戦で、フライの捕球の際に

ダイビングキャッチで右肘を強打され、その後の検査で重症を負っていた事が判明し、「トミージョン手術」を受けられましたね。

1997年に661日ぶりの復帰の際に、マウンドにひざまずきプレートに右肘をつけたシーンが、記憶に残っていますね。

 

主なタイトルとしては、最優秀防御率2回、最多奪三振1回、

最高勝率1回獲得されていますね。

またリリーフの時期もあり、14セーブあげられています。

桑田真澄選手は、通算173勝で、200勝まで27勝でした。

 

 

三浦大輔選手

 

「ハマの番長」こと三浦大輔選手は、現役時代、横浜一筋25年活躍された選手でしたね。

三浦大輔選手といえば、抜群の制球力が武器でしたね。

また、完投能力も高い選手で通算16回も無四球完投を記録されていますね。

 

2012年には、リーグ最多の6完投を記録され、その時の年齢の39才でのシーズン最多は、歴代最年長でした。

また、阪神タイガース戦にとても強く46勝されています。

ちなみに苦手としていた、読売ジャイアンツ戦では、13勝です。

主なタイトルは、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、

最高勝率1回獲得されていますね。

 

三浦大輔選手は、通算172勝で、200勝まであと28勝でした。

もしも読売ジャイアンツの投手でしたら200勝超えていたかも、しれませんよね。

 

石井一久選手

 

ヤクルトスワローズからメジャーリーグ、その後ヤクルトスワローズに復帰され、その後西武ライオンズで活躍された石井一久選手。

NPBで、143勝をあげられるメジャーリーグでは、39勝をあげられていますね。

日米通算182勝で、209勝まであと18勝でしたね。

主なタイトルは、最優秀防御率1回、最多奪三振2回、最高勝率1回を獲得されていますね。

 

今回は、以上とさせて頂きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です