GLAYの好きな曲、10曲選んでみた!

1994年にメジャーデビュー、日本の人気ロックバンドで、

デビュー25周年を迎えた。GLAY!

 

GLAYの曲は、TAKUROさんが作詞、作曲されていますね。

たくさんのヒット曲がありますが、

私の個人的に好きな曲、10曲を選んでみました。

 

①  BELOVOED  1996年  リリース

 

この曲は、全体的に軽いサウンドで聴きやすい雰囲気のバラードとなっています。

歌詞は、愛する人に向けられた、恋心が描かれており、

日常的なフレーズに共感しやすい歌詞がいいですね。

「ああ、夢から覚めた、これからもあなたを愛してる」

の歌詞が耳に残りますね。

 

②  グロリアス  1996年  リリース

 

この曲は、GLAYの初期の名曲ですね。

懐かしさを感じさせるメロディで、歌詞にカタカナや英語が混ざりカッコイイ雰囲気がGLAYらしさを感じますね。

この曲のイントロも私的に大好きです。

またGLAYのブレイクのキッカケとなって曲ですね。

この曲でダメなら、「北海道に帰ろう」当時メンバーの間でそんな話が出ていたそうです。

 

③  SOUL LOVE  1998年  リリース

 

この曲は、ノリノリのメロディで、淡くて爽やかな春ソングとなっています。

曲全体を通して明るい雰囲気が作られており、この曲もイントロを聴くだけでテンションが上がりますね。

ちなみにこの曲は、137万枚を売り上げミリオンセラーを記録していますね。

 

④  口唇  1997年  リリース

 

この曲は、楽器のサウンドが重く、少しダークな雰囲気のメロディとなっていますが、またノリやすいバンドサウンドとなっています。

歌詞は、セクシーでカッコ良くGLAYらしい世界観となっています。

ちなみにこの曲で、GLAYとしては初のオリコンチャート1位を獲得した曲となっています。

 

⑤  HOWEVER  1997年  リリース

 

この曲は、なんと言ってもGLAYを代表するバラードの名曲ですね。特にサビからの情熱的なフレーズから一気に盛り上がる曲となっていますね。

歌詞は、大切な人へのストレートな想いが綴られた、ラブソングとなっています。

ちなみにこの曲で、シングルでのGLAY初のミリオンセラーを記録しています。

 

⑥  Winter,again  1999年  リリース

 

この曲は冬のバラードソングとなっていて、バラードとしては、ややテンポが速く情熱的な曲となっています。

歌詞では、冬ならではの人恋しさや北海道(GLAYのメンバーの出身地)

の冬の厳しさが表現されていてドラマ性を感じられる曲ですね。

ちなみにこの曲は、シングルとしてはGLAY最大の売り上げを記録した曲で、165万枚でミリオンセラーも記録しています

あと日本レコード大賞を受賞した曲でもあります。

 

⑦  ここではない、どこかへ  1999年  リリース

 

この曲は、優しさが感じられるメロディとなっていて、

人の人生について作られた曲で、背中を押してくれる歌詞がいいですね。

ちなみにこの曲でもミリオンセラーを記録しています。

 

⑧  BE WITH YOU  1998年  リリース

 

この曲は、バラードとしては、ややテンポの速いGLAYらしいバラードとなっています。

またサビからのメロディも凄くキャッチーで、

温かい雰囲気が表現された楽器のサウンドもいいですね。

またこの曲は、ドラマ「ダブロイド」の主題歌でしたね。

 

⑨  誘惑  1998年  リリース

 

この曲は、キャッチーなメロディに激しいサウンドと情熱的な歌声が魅力的ですね。

まさにGLAYならではの世界観が演出されてますね。間奏のギターソロにも注目して聴いて欲しいですね。

今でもカラオケでも良く歌われる人気曲ですね。

 

⑩  空が青空であるために  2017年 リリース

 

この曲は、青空の様な透き通ったメロディが耳に残りますね。

歌詞はスポーツを連想させ、ポジティブなフレーズがとてもいいですね。

 

ほとんどが1990年代の曲になってしまいましたが、2000年代にも、まだまだいい曲がありますね。

迷いましたが、この10曲を選ばせ頂きました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です