読売ジャイアンツ 歴代最強助っ人は?

読売ジャイアンツの長い歴代の中で、たくさんの助っ人外国人選手が、いましたね。

その中でも、最強の助っ人を選ばせて頂きます。

 

まずは、投手部門。

 

セス、グライシンガー投手

 

グライシンガー投手は、2007年にヤクルトスワローズに入団されましたね。

その年の成績は、16勝8敗 防御率2、84と活躍されて、最多勝のタイトルを獲得されました。

そして翌年の2008年から2011年まで読売ジャイアンツで活躍されましたね。

そのあと、千葉ロッテマリーンズで2012年、2013年とプレーされていますね。

 

読売ジャイアンツでの、成績は、

2008年 17勝9敗 防御率3、06

2009年 13勝6敗 防御率3、47

2010年 0勝2敗 防御率5、48

2011年 1勝5敗 防御率4、15

となっています。読売ジャイアンツでは、2年だけ良い成績でしたね。

 

バンビーノ、ガルベス投手

 

ガルベス投手は、1996年から2000年まで読売ジャイアンツでプレーされました。

成績の方は、

1996年 16勝6敗 防御率3、05

1997年 12勝12敗 防御率3、32

1998年 9勝7敗 防御率3、21

1999年 9勝12敗 防御率3、66

2000年 0勝6敗 防御率3、26

となっています。2年だけ良い成績を残されていますね。

 

スコット、マシソン投手

 

マチソン投手は、2012年から2019年まで、8年間読売ジャイアンツでプレーされましたね。

最速160キロの豪速球を武器に活躍されましたね。

中継ぎ投手での成績は、

8年間で、421試合登板 通算27勝29敗54セーブ201ホールドP

通算防御率2、46 と素晴らしい成績を残されました。

また、最優秀中継ぎ投手のタイトルを2回獲得されていますね。

あとNPBにおける外国人投手の最多ホールド記録保持者となっています。

 

 

マイルズ、マイコラス投手

 

マイコラス投手は、2015年から2017年読売ジャイアンツで、プレーされました。

また、夫人のローレン、マイコラスの美貌が話題になりましたね。

成績の方は、

2015年 13勝3敗 防御率1、92

2016年 4勝2敗 防御率2、45

2017年 14勝3敗 防御率2、25

となっています。いい成績を残されたのは、2年でしたね。

 

打者部門では、

 

ロベルト、ペタジーニ選手

 

ペタジーニ選手は、1999年から2002年にヤクルトスワローズで、活躍され、

2003年、2004年読売ジャイアンツでプレーされました。

ヤクルトスワローズで、素晴らしい成績を残されました。

 

読売ジャイアンツでの成績は、

2003年 107安打 34本塁打 81打点 打率(、323)

2004年 111安打 29本塁打 84打点 打率(、290)

となっています。残念ながらヤクルトスワローズでの、成績を下回っていますね。

やはり、ヤクルトスワローズの助っ人のイメージが強いですね。

 

アレックス、ラミレス選手

 

ラミレス選手は、2001年から2007年まで、ヤクルトスワローズでプレーされ、

2008年から2011年は、読売ジャイアンツでプレーされました。

その後、2012年、2013年横浜ベイスターズでプレーされました。

 

また、外国人選手では、史上初の日本通算2000本安打を達成され

名球会入りされましたね。

あと、横浜ベイスターズで、5年間監督を務められましたね。

 

読売ジャイアンツでの成績は、

2008年 175安打 45本塁打 125打点 打率(、319)

2009年 186安打 31本塁打 103打点 打率(、322)

2010年 172安打 49本塁打 129打点 打率(、304)

2011年 133安打 23本塁打 73打点 打率(、279)

と素晴らしい成績を残されていますね。

 

読売ジャイアンツ時代でのタイトルは、

2008年に打点王、2009年には、首位打者を獲得されています。

読売ジャイアンツ時代では、3年間素晴らしい成績を残されていますね。

しかし、ヤクルトスワローズでの、成績も素晴らしいですね。

 

ウォーレン、クロマティ選手

 

クロマティ選手は、1984年から1990年まで、読売ジャイアンツで、7年間プレーされました。

成績の方は、

1984年 128安打 35本塁打 93打点 打率(、280)

1985年 149安打 32本塁打 112打点 打率(、309)

1986年 171安打 37本塁打 98打点 打率(、363)

1987年 143安打 28本塁打 92打点 打率(、300)

1988年 62安打 10本塁打 36打点 打率(、333)

1989年 166安打 15本塁打 72打点 打率(、378)

1990年 132安打 14本塁打 55打点 打率(、293)

となっています。

中でも、1989年の成績は、凄まじいですね。

 

主なタイトルは、首位打者1回、最高出塁率1回、最多安打1回、

獲得されています。

また、読売ジャイアンツでの、7年間の通算打率が(、321)と素晴らしい記録を残されていますね。

 

まとめ、読売ジャイアンツ最強の助っ人は、ウォーレン、クロマティ選手とさせて頂きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です