杉咲花 実力派女優 両親は芸能人だった。

実力派女優として活躍されている杉咲花さん。

ガッツポーズでお茶の間に元気を届けることを誓った杉咲=大阪市中央区(撮影・岡本義彦)

2020年11月30日スタートのNHK連続テレビ小説、通称(朝ドラ)

「おちょやん」のヒロインを務める女優の杉咲花さん。

「大阪のお母ちゃん」と親しまれた喜劇女優、浪花千栄子さんがモデルの竹井千代役で、体当たりで撮影に臨んでいるそうです。

コロナ禍による撮影中断を乗り越え、

「やっと見てもらえるといううれしさでいっぱい」

と笑顔の杉咲花さん。

役同様に天真爛漫な演技派女優が、日本の朝を元気にしてくれそうですね。

 

今回は、そんな杉咲花さんについて書かせて頂きます。

元々は、子役として梶浦花の名前で活動されていたのですね。

梶浦花が、本名だと思われます。

 

2011年から、現在の事務所(研音)と契約してから芸名、杉咲花として活動されています。

ちなみに芸名は、気に入っているそうですが、

「杉に咲く花で花粉症だね」と言われる事が多いそうで、

自身も花粉症だそうです。

 

杉咲花さんと言えばこのCM

 

味の素 COOK  DOのCM で山口智充さん(ぐっさん)と共演し回鍋肉を食べる。

このCMでは、大食いのイメージがつきましたが、杉咲花さん本人は、食欲は普通と否定されていますね。

また現在は、味の素 ほんだしのCMでは、小栗旬さんと共演されていますね。

 

両親は?芸能人!

 

杉咲花さんのご両親についてですが、

母親は、チエ、カジウラと言う歌手なんですね。

テレビアニメ「マクロス7」に登場するヒロインの歌唱部分の吹き替えを担当されていたのですね。

ちなみに、アルバムを10作品リリースされているのですね。

現在は、ライブハウスを中心に活躍されているようです。

 

父親の木暮武彦さんは、通称シャケと言うロックギターリストなんですね。

レベッカの元メンバーなんですね。

レベッカと言えば、名曲「フレンズ」がありますね。

また、レッドウォーリアーズの元メンバーでもあったのですね。

ダイヤモンド⭐︎ユカイさんが所属していたバンドですね。

 

しかし残念ながら、ご両親は、杉咲花さんが幼少期に離婚されているのですね。

杉咲花さんは、母親に引きとられ母子家庭で育てられました。

 

声優として

 

映画「メアリと魔女の花」で、ヒロインのメアリの声を担当されましたね。

監督の米林宏昌監督は、こう言われていました。

 

「彼女は、天才です!想像の斜め上の声を出してくるので、

この役って、そういう子だったんだ。と監督の僕が教えられる事が

多い。特に好きなのは、杉咲さんの(いひひ)っていう笑い方。

これが嫌みがなくて、凄くいいんです。メアリが嘘をついたり、

調子に乗ったりと、演じる人によっては嫌われるキャラクター

なんだけど、彼女が演じると、しょうがないなって思えてしまう。」

と監督から絶賛されるほどでした。

声優としてもポテンシャルが、凄く高い女優さんですね。

 

演技力は?

 

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」2016年公開では、

日本アカデミー賞、最優秀助演女優賞と新人俳優賞を受賞されていますね。

また、ブルーリボン賞、助演女優賞も受賞されていますね。

 

主演の宮沢りえさんの演技も素晴らしいですが、

杉咲花さんの演技も素晴らしいと言われていますね。

視聴者のレビューでは、「杉咲花が凄い演技をしている」

「杉咲花の演技力は、見事と言うしかないです。泣いたり笑ったりの表情の作り方が素晴らしい。」

「これから、いい女優さんになりそう」

と高い評価されていますね。

 

また、テレビドラマ「花のち晴れ〜花男」では、

原作漫画で描かれている音の表情を忠実に再現する為、

漫画をコピーした紙をコマごとに切り取り、

シーンに応じて台本に貼っていたとの事です。

とても努力家ですね。

朝ドラ「おちょやん」の演技も楽しみですね。

これからも杉咲花さんの活躍を期待しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です