新庄剛志 記録より記憶に残る選手 伝説のエピソード

記録より記憶に残る選手と言われた新庄剛志さん。

プロ野球選手時代、数々の伝説をつくられましたね。

また、2019年にプロ野球復帰を掲げられ、2020年12月にプロテスト「12球団合同トライアウト」

を受けられて話題になりましたね。

今回は、そんな新庄剛志さんの伝説となったエピソードを書かせて頂きます。

新庄剛志さんは、阪神タイガースで1990年〜2000年までプレーされ、

その後メジャーリーグで3年間プレーされ、

2004年〜2006年まで日本ハムファイターズでプレーされましたね。

 

私、個人的にはセ・リーグは、阪神タイガースのファンで、

パ・リーグは、日本ハムファイターズのですので、新庄剛志さんは、とても好きな選手でした。

新庄剛志さんの選手時代は、意外性のあるバッティングと強肩を活かした守備と、

プロ野球選手では、珍しいパフォーマンスが魅力でしたね。

高い守備力が評価され、ゴールデングラブ賞を10回受賞、

また、ベストナインを3回受賞されていますね。

 

規格外の人気

 

  • 【送料無料】カルビー2000 プロ野球チップス レギュラーカード No.138 新庄剛志|cardya2

 

1992年から、レギュラーとなりその年の初打席で、初本塁打が決勝打となり、ヒーローインタビューを受けられました。

ここから、新庄剛志選手の伝説が始まりましたね。

その前の年まで、阪神タイガースは、低迷していましたが、

亀山努さんと新庄剛志選手の活躍で、優勝争いしましたね。

最終的には、2位で、シーズンを終えましたが、

「亀新フィーバー」と言われ、当時「虎風荘」に入寮されていた

新庄剛志選手宛のファンレターは、1日に段ボール一箱あったと言われていました。

また、新庄剛志選手の行く先々で連日若い女性が、殺到し

「新庄ギャル」と報道されました。凄まじい人気でしたね。

 

仰天!二刀流、投手挑戦

 

野村克也新監督、就任後、監督の発案により、外野手と投手の二刀流を目指して練習を開始し、周囲を驚かせましたね。

オープン戦の2試合に登板しましたが、左膝を痛めてられ投手挑戦を断念されました。

後々、新庄剛志さんは、「投手として抑えるのが簡単でつまらなかった」

そんな理由で、野村克也監督に嘘をついたと言われており、

またも周囲を驚かせましたね。

 

敬遠球をサヨナラ安打

 

このプレーは、ファンのインターネットアンケート

「思い出のシーン ベスト10」の6位に選ばれたプレーとなっています。

その試合は、1999年の読売ジャイアンツとの首位攻防戦で、

12回裏、槙原投手の敬遠球を打ちサヨナラ安打されましたね。

またも、ファンを喜ばせ、また驚かせましたね。

 

野手としてメジャーリーグ挑戦

 

2000年に新庄剛志選手は、フリーエージェント権を行使してFA宣言されました。

阪神タイガースは、人気選手を引き留めようと

5年契約、総額12億円を提示しましたが、新庄剛志選手は、12億円を蹴って

ニューヨークメッツに契約金(日本円で3300万円)

年棒(日本円で2200万円)当時のメジャーリーグ選手の最低保障額で移籍されました。

当時、イチロー選手と共に投手以外では、日本人野手として初めて、メジャーリーグの球団に在籍された選手となりました。

メジャーリーグでも活躍され、1年目で日本人初の4番打者に抜てきされたり、10本塁打を記録されました。

日本人選手初のワールドシリーズに出場されましたね。

 

最高年収は、なんと13億円

 

メジャーリーガーとなって2年目には、CMやテレビ出演が増えた上に年棒も出来高を含め3億円に

合計の年収が13億円になったそうです。

新庄剛志選手は、欲しい物を買いまくったそうですね。

 

新庄劇場

 

2004年から、新庄剛志選手は、日本ハムファイターズに移籍されましたね。

会見では、「札幌ドームを満員にする」「チームを日本1にする」

と掲げられましたね。

その年のオールスター戦では、試合前に「MVPは僕のものです。」

そして、見事に宣言通り、ホームスチールを含む2得点を記録し

MVPを獲得されましたね。

 

2006年には、本格的なパフォーマンスショー「新庄劇場」を行いましたね。

開幕戦では、ハーレーダビットソンを運転して入場し驚かせましたね。

そして、その年に日本ハムファイターズをリーグ優勝、

日本1に導かれましたね。

入団会見で掲げた2つ目標だった「札幌ドームを満員にする」

「チームを日本1にする」を共に達成されその年にユニホームを脱がれ引退されましたね。

 

知人に騙されて25億円が、2200万円になる。

 

新庄剛志さんは、現役引退後にインドネシアのバリ島に移住を決められ、

資金をバリ島に持って行く際に口座を確認したところ、25億円あった残高が、2200万円になっていたそうです。

新庄剛志さんは、プロ入りした時からお金の管理を

母の知り合いだった知人に任せていたそうで、その知り合いが使い込んでしまったそうです。

この事件をきっかけに、初めて自分で、お金を管理するようになったそうです。

選手としても、引退後も凄いエピソードですね。

これからも、周囲を驚かせてくれそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です