加藤清史郎 元こども店長 大学生となりイケメン俳優として活躍

こども店長「トヨタ自動車のCM」で、一躍有名となった、加藤清史郎さん、人気子役としても活躍されましたね。

現在大学生となり、イケメンと話題になっていますね。

2020年にイギリス留学を経て帰国後芸能活動を本格的に再開され、

大河ドラマ「麒麟が来る」

ドラマ「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど」に出演されていますね。

また映画「#ハンド全力」では主演を演じられていますね。

 

そして2021年4月25日から、放送されるテレビドラマ

「ドラゴン桜」第2シリーズに出演されますね。

今回は、そんな加藤清史郎さんについて書かせて頂きます。

 

子役としてブレイク

USED【送料無料】こども役者加藤清史郎

生後1才1ヶ月から、子役として活動され、

2009年に「トヨタ自動車のCM」でこども店長として、一躍有名となった加藤清史郎さん、

この年は、子役としても大活躍されましたね。

映画「なくもんか」で瑛太さん演じる、金城祐介役の幼少期を演じられましたね。

また、NHK大河ドラマ「天地人」では、妻夫木聡さん演じる、直江兼続の幼少期を当時8才で演じられていますね。

 

その後も、映画「座頭市 THE LAST」「桜田門外ノ変」に出演されていますね。

また、人気アニメの実写化映画「忍たま乱太郎」では、

主演を務められましたね。

その時には、「忍者になる夢が叶った」と言われていました。

また、声優としても活躍されました。

 

人生を変えた市川海老蔵さんの言葉

 

当時、中学2年生だった加藤清史郎さんは、

野球部で将来は、プロ野球選手になりたいという夢もあったそうで俳優かどちらかで悩んでいたそうです。

 

その時、舞台で共演していて座長を務めていた市川海老蔵さんに

「将来どうするの?」と聞かれた際「野球選手か俳優かどちらかで悩んでいる」と言われたそうです。

市川海老蔵さんに、「えっ俳優何年やってるの」と聞かれ

「13年」と答えた加藤清史郎さんに

「13年って、サラリーマンだったらベテランだぞ。そのキャリアや経験を捨ててまで、お前は本当に野球をやりたいのか?」

と言われ、加藤清史郎さんは、その言葉に後押しされ、将来俳優として、生きていくと覚悟を決めれられたそうです。

 

イギリス留学を決めた理由

 

中学生2年生の時、加藤清史郎さんは、声も変わり子役時代と比べ、顔つきや体型も変わっていく役者として中途半端な時期。

この期間に知識や経験を蓄えておこうと考えてたそうです。

「今のうちに色々な勉強をして、役者としての土台作りをしよう」

と言われていますね。

中学生の時から将来のことを良く考えられていて、さすが元こども店長ですね。

イギリスでは、ロンドンでの本場のお芝居やミュージカルを観られ、芸術センスを磨いてたそうです。

また、現地の演劇学校に通ってお芝居の勉強をしていたそうです。

 

イギリス留学を決めたもう一つの理由は、舞台「レ・ミゼラブル」

に出演された時にイギリスから本場のスタッフが、訪れて指導を受けながら稽古されていた際、

通訳さんを介してコミュニケーションをされていて、通訳さんなしでダイレクトに会話ができたら、

自分の演じる役ももっといいものにしていけるんじゃないかなとその時から思われていたそうです。

 

大学進学

 

イギリス留学から帰国後、加藤清史郎さんは、大学に進学されました。

イギリスで得た事をもっと深く学びたいという気持ちで、大学に進学されたそうです。

文学部に在籍されていて演技などを学ばれているそうです。

すべて、俳優として生きていく為の勉強だそうです。

ちなみに推測ですが、青山学院大学に在籍では、ないでしょうか?

 

阪神タイガースの大ファン

 

ちなみに加藤清史郎さんは、幼少期から熱烈な阪神タイガースのファンで、理由として祖母が大阪出身だったからだそうです。

特に、金本知憲さん、赤星憲広さんのファンだそうです。

 

これからの役者としての活躍に期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です