個性派俳優ムロツヨシ、壮絶な生い立ち!

テレビドラマなどで、活躍中のムロツヨシさんは、実は、壮絶な生い立ちを過ごされていたのですね。

 

ムロツヨシさんと言えば、2018年に放送されたテレビドラマ

「大恋愛〜僕を忘れる君と」で主演の戸田恵梨香さんの相手役としてのイメージが強いですね。

また、日曜ドラマ「親バカ青春白書」では、娘役の永野芽郁さんを好きすぎる、父親役を演じられいますね。

そんなムロツヨシさんの壮絶な生い立ちは?

 

ムロツヨシさんの両親が離婚

 

ムロツヨシさんが、4才の時に両親が離婚することになり、

父親が、ムロツヨシさんの親権を持たれましたが、その父親は、

なんとムロツヨシさんを置いて、別の女性の元に行ってしまったそうで、

実の父親に捨てられた、壮絶な幼少期を過ごされていたそうです。

 

そんな父親についてムロツヨシさんは、

「嫌いではなく、軽蔑もしてなく。楽しそうに生きているんだな」

「仕事が大工で、これがカッコ良かった」と言われていました。

 

まだ4才だった、ムロツヨシさんは、両親の愛情を受けることが、出来ずに親戚の元で育てられ、幼少期を過ごされました。

また、ムロツヨシさんの姉は、非行に走り、家を出て行ったそうです。

そんな居候生活時代を振り返りムロツヨシさんは、明るい子でいるしかなかった。

「嫌われたら生きる場所が、無くなってしまうという防衛反応だったんです。それに家庭内で不幸じゃないってことをアピールしなきゃいけなかった。」

と言われていました。

そして芸能界で、遅咲きのブレイクを果たし成功されたムロツヨシさんは、彼らには、一切会って無いそうです。

 

芸名ムロツヨシ、本名非公開の理由

 

また、ムロツヨシさんの本名非公開の理由は、両親の離婚以来、

会っていない母親に知られたくないと考えた為、だそうです。

ムロツヨシさんが、芸能界入りされた頃には、母親にも新たな家庭があった為、

息子が芸能人なったと知ったら目障りだろうなと思ったそうです。

 

大学3週間で中退

 

そんな、ムロツヨシさんは、一浪して東京理科大学に入学されているのですが、なんと3週間しか行かず中退されているのですね。

理由についてムロツヨシさんは、

「僕のやりたいことは、なんだろう病にかかり大学に急に行かなくなり、その1、2週間後に観た舞台で僕のいる場所は、あそこだ!」

って思ったそうです。

その舞台は、深津絵里さんを目当てに観に行ったそうですが、共演されていた、段田安則さんの演技に魅了され、

「あっちの世界に行きたい」と思ったそうです。

そして大学を中退され養成所に通い、いくつものオーディションを受けるが、うまくいかない日々が7、8年も続いたそうです。

その期間、横浜市の魚市場で毎日働いていたそうです。

ムロツヨシさんは「大学は出ておけば良かった、すっごいバカだった」

と後悔されいる様子で、

テレビ番組で若者に「だから、辞めないでください、皆さん」と呼びかけていましたね。

 

遅咲きのブレイク

 

その後、29才でムロツヨシさんは、ようやく映画デビューを果たされました。

そして、35才の時に福田雄一監督に抜擢され、

ドラマ「勇者ヨシヒコ」に出演され、ブレイクの足がかりを掴みましたね。

とても苦労人ですね。

 

衝撃的な生い立ちを持ち、その経験が、ハングリー精神を持ち、

個性派俳優として活躍されているムロツヨシさんの魅力となり、

人々を惹きつけているのかも知れませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です