上原浩治 雑草魂 100勝100セーブ100ホールド偉大な記録

読売ジャイアンツやメジャーリーグで活躍された、上原浩治さんについて今回書かせて頂きます。

上原浩治さんは、東海大学付属仰星高校、

1年の留年後、大阪体育大学、

1998年のドラフトで、読売ジャイアンツを逆指名しドラフト1位で、読売ジャイアンツに入団されましたね。

ちなみに背番号は、上原浩治さんが19を希望されました。

これは、浪人生活を送った19歳の1年間を忘れないようにと言う意味が込められているそうです。

この年のドラフトの目玉は、上原浩治さんと松坂大輔さんでしたね。

横浜高校で、甲子園のスターだったエリートの平成の怪物、松坂大輔さんとは、対照的でしたね。

 

高校時代は、まったくの無名選手だった。

 

上原浩治さんの東海大学付属仰星高校時代は、練習では、打撃投手を務められ、

試合では、控え投手でほとんど登板機会もなかったようです。

高校時代は、まったくの無名選手だったそうです。

そんな上原浩治さんは、体育教師になる為に大阪体育大学を受験されました。

しかしながら、結果は不合格だったんですね。

上原浩治さんは、浪人してもう一度受験を決意されました。

 

人生を変えた浪人生活

 

この1年の浪人生活が、上原浩治さんの人生を変えましたね。

予備校に通いながら、ジムで日々トレーニングを積まれていたそうです。

その時に、伝説のメジャーリーガーのノーラン、ライアン著の

「ピッチャーズ、バイブル」と読んで、トレーニングに励まれていたそうです。

翌年、大阪体育大学を受験され、合格し野球部に入られた上原浩治さんは、自身が驚くほど球威が増していたそうです。

その1年のトレーニングが、とても良いものだったんですね。

 

大阪体育大学1年生の春から、エース格として活躍され、

3年生の時、日米大学野球で好投されましたね。

また、インターコンチネンタルカップでは、決勝戦でキューバを破って

世界一に貢献されましたね。

 

読売ジャイアンツ1年目に大活躍

 

プロ1年目に、フォークボールを武器に

シーズン20勝4敗で最多勝を獲得され、さらに最多奪三振、最優秀防御率、最高勝率を獲得し沢村賞も受賞されましたね。

ちなみにこの年の流行語大賞では、松坂大輔さんの「リベンジ」

上原浩治さんの「雑草魂」が選ばれましたね。

 

 

通算100勝100セーブを記録した選手は?

 

先発から抑え、また抑えから先発と、その両方で活躍するとなると

そう簡単な事では、ないですね。

では、先発と抑えで活躍され通算100勝100セーブ以上の成績を残された選手は、

NPBだけでは、過去6人、日米通算を入れると合計8人しかいないのですね。

江夏豊さんは、通算206勝193セーブと、とてつもない記録を残されていますね。凄すぎますね。

 

広島カープで活躍された

大野豊さんは、通算148勝138セーブを記録されています。

 

次も広島カープで、活躍された

佐々岡真司さんは、通算138勝106セーブを記録されています。

 

大洋ホエールズで活躍された

斉藤明夫さんは、通算128勝133セーブを記録されています。

 

阪神タイガースで活躍された

山本和行さんは、通算116勝130セーブを記録されています。

 

中日ドラゴンズで活躍された

郭源治さんは、通算106勝116セーブを記録されています。

 

日米通算では、横浜ベイスターズ、楽天イーグルス、メジャーで活躍された

斎藤隆さんは、日米通算112勝139セーブを記録されています。

 

そして、上原浩治さんは日米通算134勝128セーブの記録を残されています。

それに加えて日米通算104ホールドを記録されていますね。

100勝100セーブ100ホールドの記録は、世界で上原浩治さんを入れて2人しかいない凄い記録なんですね。

日本人では、史上初の記録となっていますね。

先発、中継ぎ、抑えで活躍となると、ほんとに凄いですね。

 

現在は、野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuberとして活動されています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です