国宝級イケメン俳優 吉沢亮 意外なエピソード

2021年2月から、放送される大河ドラマ

「青天を衝け」で、

主役の渋沢栄一を演じられる。イケメン俳優、吉沢亮さんについて書かせて頂きます。

吉沢亮さんは、4人兄弟の次男として、生まれています。

うわさですが、兄弟みんなイケメンと言われています。

 

そんな吉沢亮さんは、2011年に「仮面ライダーフォーゼ」

で2号ライダーの仮面ライダーメテオを演じられましたね。

また雑誌「ViVi」の人気企画、国宝級イケメンランキングで、

過去最多投票を集め1位となり話題になりましたね。

菅田将暉さん、山﨑賢人さんに続き殿堂入りを果たされました。

 

代表作は、「キングダム」「カノジョは嘘を愛しすぎている」

「アオハライド」「オオカミ少女と黒王子」「トモダチゲーム」

「水球ヤンキース」「銀魂」「BLEACH」「ママレード、ボーイ」

などの話題作に出演されていますね。

 

また、映画「キングダム」では、演技が評価され

日本アカデミー賞、最優秀助演男優賞を受賞されていますね。

画像2

 

 

CMにもひっぱりだこ。

 

ロッテ、ソフトバンク、

アフラック生命保険、マイナビバイト、高橋書店(手帳は高橋)、

ユーキャン、キリンビバレッジ、アオハタ、スズキ(ソリオ)、

アイリスオーヤマなどに出演されていますね。

 

本人モテエピソードを披露

 

「中学時代は、死ぬほどモテました」

「学年の3分の1に告白された」「入学して3日目で告白された」

などと発言されています。

 

国宝級イケメンを逆手に取った清々しい自己肯定で、

ネットでは、「吉沢亮なら許す」「発言めちゃくちゃ好き」

「これだけイケメンなら認めるしかないだろ」

と肯定的な意見が多いですね!

 

また、お酒に酔った時のエピソードでは、甘いマスクばかりが

メディアで取り上げられる事から、

「どうせ俺なんか顔しかイケメンじゃないからさ」

と言われてたそうです。とてもうらやましい悩みですね。

 

山田裕貴さんとは、親友。

 

吉沢亮さんと山田裕貴さんは、良く一緒にお酒を飲まれるそのですね。

山田裕貴さんは、「彼の本音は、結構お酒を飲んでて、

何杯目かにならないと聞けない。それを聞きたくてお酒を飲んでるんです。もっと口に出していけばいいのにな。」

と言わていました。

ちなみに2人では、芝居の話をいっぱいしているそうです。

その時に吉沢亮さんは、

「1番印象に残っているのがビジュアルで、見られてしまう部分をお芝居で魅せれる俳優になりたい」

と本音を語っていたそうです。

 

 

吉沢亮の意外な恋バナ、エピソード。

 

テレビ「メレンゲの気持ち」で出演の際、吉沢亮さんは、意外な恋バナを披露されています。

カフェの店員に恋心を寄せていた時期があったそうです。

その店員に会うために、2年くらいそのカフェに通い続けたものの

一度も声をかけられなかったと言われています。

当時、仲の良い千葉雄大さんさんに相談したところ、

「早く声をかけろ」とアドバイスされ、声をかける事を決意され、

自分が出演していた舞台に来てもらおうと思い、

何度かお店に通ったもののその店員は、それ後、お店に現れず結局、

声をかけられいまま、恋は終わったそうです。

 

この話題についてネットでのファンの声は、

「この顔で奥手とかやばい」「そのカフェの店員さんになりたい」

「普通に片想いとかしてるのが好き」

「その店員さんを目当てにカフェに通っていたと思うとたまらなく好き」

と好感度が、さらに上がってしまいましたね。

 

もうひとつ、片想いのエピソードとして、

 

吉沢亮さんが、高校1年の時、親友の彼女を好きになったそうです。

ある日、親友と彼女が、別れたと聞き告白されたそうです。

しかし、親友と彼女は、よりを戻しており、失恋されたそうです。

これほどのイケメンでも、恋は、実らないものなのですね。

 

吉沢亮さんのこれからの活躍も楽しみにしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です